ストラディヴァりウス -- Enjoy Music! ラルゴな音楽生活
      FC2ブログ
      2019 / 09
      ≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫

      ヴァイオリンの名器“ストラディヴァリウス”
      300年以上も前に作られたのに 未だそれを超える楽器が作れない
      現在では億を超す値段で取引される
      ストラディヴァリ自身は93歳まで生きて600丁ほどのヴァイオリンを作ったけれど、あとを継いだ息子たちが早くに亡くなり、彼の技術は継承されなかった。

      形や木の厚さ、その他もろもろ・・・・
      同じように作ってもそれを超える音が出ないらしい
      一体何が違うのか? 木か、ニスか・・・・・
      と長年研究が続けられている
      彼が制作をつづけたイタリア北部の「クレモナ」
      ヴァイオリンにもその地方の木が使われたそうだが、その辺りは一年のうち3か月ほどしか日が当たらず、気の成長が遅いらしい。
      だからその地方の木を使ってみたり・・・
      ニスの成分も今までにもさんざん研究され
      変わった物が混ぜられているのを見つけては、その成分を混ぜてみたり・・・
      それでもストラディバリには及ばない
      挙句の果てには「若い女性の血が混ぜられているのでは・・」なんていう憶測もとんだらしい

      それでも解明されないストラディバリウスの秘密
      最近ではCTを撮ったり科学面からの研究も進んでいるようだが・・・
      これほどの神秘 科学で明かされない方がいいような気もするなぁ

      以前 「木にも寿命がある300年を超えるとだんだんダメになってくる。だからストラディバリのようなオールドの楽器を無理して買っても 突然音が鳴らなくなることもある」
      なんて言う話を聞いたことがあるけれど
      未だにあの音色は健在
      ずっとずっと 神秘の楽器として 素晴らしい音を奏でてほしいなぁ





      関連記事

      この記事へコメントする















      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです