第24回堺ピアノコンクール -- Enjoy Music! ラルゴな音楽生活
      FC2ブログ
      2020 / 03
      ≪ 2020 / 02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 04 ≫

      高1のAちゃんが挑戦した堺ピアノコンクール

      P1000518 (400x300)

      私も一昨年シニア部門で参加し賞をいただいたのですが、「じゃあ一緒に頑張ろうか」ということで今年は一番難しい大学・一般部門で参加しました。
      彼女はともかく私の方は・・・
      申し込んだ次の日にプライベートで問題が起こり、なかなか練習時間が取れない状態に・・・
      一日違っていたら申し込まなかったのに・・・・

      一次審査はバッハの平均律
      プレリュードはまあまあ気持ちよく弾けたので、いけるかもと思っていたら、
      フーガで傷をいけてしまった
      その瞬間 終わった!と思った
      結果やっぱり 終わっていたけど・・・
      とりあえず一次審査は通過して自由曲を弾きたかったなぁ
      でも考えてみれば上っ面をなぞっただけみたいな準備しかできなかった
      まだまだやるべきことは山ほどあったんだけれど これじゃぁやっぱり駄目だよね

      その昔よく講座を受けていたF先生の言葉が思い出されました
      「音楽は絶対に裏切らない。やればやっただけ答えてくれる。だから尽くす価値がある。」
      今回の私は十分に尽くしていなかったね
      来年リベンジするか・・・
      そして感じたこと
      自分では何も変わっていないつもりでもやっぱり人間少しずつ変わっている
      昔うまく弾けた曲、好きだった曲が数十年たった今もうまく弾けるとは限らない
      選曲も間違っていたかもしれない

      一方Aちゃんは
      「賞取るねん」と頑張っていましたが、高校生部門のレヴェルは大体わかっていた
      1年生のAちゃんには無理だろうということも
      ただ本番でいつもどおり弾けたことは成長かな(良いところも悪いところも含めて)
      お母様はアタフタとしておられましたが、本人は「来年クリアするぞ!」
      思いのほか根性すわっていました
      これからも頑張ってね!
      関連記事

      この記事へコメントする















      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです