絶対音感 -- Enjoy Music! ラルゴな音楽生活
      FC2ブログ
      2019 / 09
      ≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫

      一時話題になった「絶対音感」
      音には周波数がありますが全世界共通でAの音(楽器で言うとラ)が440kHzと決められています
      最近では少し高めになる傾向がありますが・・・(442~444くらい)

      絶対音感とは・・・
      何気なくポンと出された音を ド、レ、ミで言い当てられると「絶対音感がある」と言われるようです。
      ただ、絶対音感があるから音楽の才能があるとか、楽器をうまく演奏できるかというと、一概には言えないようです。
      ただ指揮者には必要不可欠とか・・・
      そして耳が聞こえなくなた時・・・
      ベートーヴェンや今をときめく佐村河内守さんは、絶対音感があるから 耳が聞こえなくても作曲ができた(できる)わけです。

      ちなみに私は
      楽器で出された音ならば ♯や♭がついていても言い当てられます。
      しかし 中には・・・
      風の音や、都会の雑踏まで楽譜にしてしまう輩がいるのです。
      そんな人にとっては
      風の音はハ長調の音楽を奏でていて、雨の音はヘ長調  なんてことがわかるみたいです。
      ハ長調とヘ長調なら ある程度ハモってくれるからまあいいかもしれないけど
      ハ長調と嬰ハ短調だったら気持ち悪いだろうな~
      「気の毒~  そこまでいくと日常生活しにくいよ~」
      な~んて やっかみも含めて思ってしまいます。

      「絶対音感ある?」 って聞かれると
      「絶対音感?  だいたい音感ならあるかな?」
      なんて答えている私ですが・・・
      楽器と生活音がコラボしたこんな映像はいかが?



      関連記事

      この記事へコメントする















      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです