アラベスク -- Enjoy Music! ラルゴな音楽生活
      FC2ブログ
      2019 / 09
      ≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫

      「アラベスク」という題名のピアノ曲。
      ピアノを習ったことのある人がまず思い浮かぶのはブルグミュラーの「アラベスク」でしょう。
      初級レベルの曲の中で、かなり人気の高い曲です。

      その他に有名なのが2曲。シューマンとドビュッシーが作曲しています。
      描かれた順は シューマン→ブルグミュラー→ドビュッシーとなります。
      「アラベスク」という題をつけたのはシューマンが最初らしい
       
      ところで この アラベスク(arabesque)フランス語、フランス語で「アラビア風の」という意味ですが、実際にはイスラム美術の装飾模様を指すのです。曲線の模様が無限につながっていく・・・
      きれいな模様なので興味があればクリックしてみてください
        ↓  ↓
      アラベスク模様

      模様を見る限り「アラビア風」ではないように思えますが・・・
      ピアノ曲の「アラベスク」はブルグミュラーの物が一番「アラビア風」に聞こえます
      R君に言わせると「砂漠の音楽みたいでかっこいい」そうです。

      一方シューマンはロマン派の香りが漂っているし、ドビュッシーもアラビアからは遠くかけ離れているように聞こえる。

      ブルグミュラーのアラベスクを弾いたのははるか昔、幼稚園の頃
      その後「アラベスク」という題名を見ても ふ~ん くらいにしか思わなかったけれど、改めて調べてみると奥が深い
      ちなみにグリーグの先生だったニルス・げーぜ(ガーデ)というデンマークの作曲家も「アラベスク」というピアノ曲を書いているらしい。法人作曲家、三善晃氏も「波のアラベスク」というピアノ曲を書いている

      他にディーリアスという作曲家が「アラベスク」という題名でオーケストラ伴奏による合唱曲を書いているらしい。


      そして、バレエの世界では・・・
      片方の足で立ち、もう片方の足を後ろに90°以上あげるポーズを「アラベスク」というらしい。
      そういえば昔「アラベスク」というバレエマンガがあり、かなりはまった
      関連記事

      この記事へコメントする















      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです