Enjoy Music! ラルゴな音楽生活 -- 2016年02月の記事一覧 --
      FC2ブログ
      2016 / 02
      ≪ 2016 / 01 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - - - - - 2016 / 03 ≫

      その昔 草津のアカデミーでお世話になった 児嶋一江さんの講座を聞いてきました。
      ベートーヴェンを中心に、いろんなお話が聞け、
      公開レッスンあり 最後は児嶋さんの演奏も聞けちゃう お得な講座です

      6回シリーズの今日は5回目
      ベートーヴェンやその周辺の作曲家や作品についてのお話 
        ちなみにこのお話では演奏上のテクニックなどについては話されません
      そして 熱情ソナタ 1楽章のレッスン
      今日の演奏は
       ピアノソナタ 31番と ヴァイオリンソナタの7番でした

      ピアノの前に座って一生懸命練習することはもちろん大切だけれど
      作品の裏側にもっと興味を持たなければ・・・・
      というのが印象的でした
      この歳になると 痛いほどわかっているけれど
      ついつい サボってしまうのよね~
      そういうこと・・・
       
      久しぶりのツーショット写真
      お互い歳とったな~
      ちょっとボケているのがちょうどいいかも・・・



      「体があいていたら聞きに行くね~」
      と毎年言い続けて・・・
      今年が最後
      毎年伴奏していたのにゴメンね

      今日は聞いてきました
      「旅立ちの歌」なんて 歌詞を読んだだけで泣きそうになる~
      弾きながら泣いたらどうしよう~
      と言っていたRちゃん
      泣かずに弾けてよかったね

      この合唱コンクールが最後の行事らしく
      各クラスが読んだコメントには3年間の思いがあふれていました。

      Rちゃんは4月から 私の母の後輩になる予定です
      入試頑張ってね!



      有川浩さんの小説は よくドラマ化、映画化されていますが
      これはどうでしょう?
      返却期限が迫っていたので 残りを大急ぎで読みました。

      舞台は高知県
      県庁に“おもてなし課”ができ、
      地元出身の有名人を親善大使に 観光で地元を盛り上げようとするのですが・・・・
      ネックになるのは お役所と民間との あるあるな温度差

      若者が中心になって、高知出身の小説家の力を借りながら
      ひとつひとつ問題を解決していくのですが

      そんな過程で気づいたことが
      「地味な事ほど大切」
      「当たり前のことが、実は他から見ると かけがえのないこと」
      だということ

      なるほど~
      普段 習慣のように行っていることも
      他人からみれば“びっくりぽん” な事かも・・・・
      と思ったのでした。

      ちなみに
      高知県には実際に「おもてなし課」 があるそうですが、
      この小説はフィクションとのことでした。

      今日は所属する千里バスティン&ピアノ指導法研究会 の月例会でした

      間近に迫った三年に一度の大イヴェント「バスティンフォーラム」の出し物の最終チェックのあと・・・・

      これらの形容詞
      まだまだたくさんあるだろうけれど
      これ全部音の質を表す形容詞

      間違わずに弾くことはできても 音楽的に表情を持って弾くことは難しい<
      「ダメ出しは誰でもできるで~」
      「こんな感じで弾いて~って言うだけやったらあかんで~」
      「どうしたらできるんか 言うたげんと~」
      と大阪弁が飛び交います。

      音の質がこれだけあって それを弾きわけるのは難しい
      でも できたらとっても楽しい

      そのうえ
      明るくてかたい  とか
      太くて暗い  などなど・・・
      組み合わせもあるんだよ~
      大変!

      織り姫と言ってもオリクッスファンのことではありません。
      どちらかというと とらこです。

      近所にこんなお店ができました



      雑貨のお店
      手織りの布で作った雑貨を販売しています

      布織りの体験もでき


      好きな糸を三種類選んでこんな布を織りました


      これでペンケースを作ってもらいます
      楽しみ~

      テレビで鈴木政吉氏の一代記をやっていました。
      鈴木ヴァイオリンの創設者です

      もともとは腕のいい三味線作りの職人だったそうですが
      ヴァイオリンの音色に魅せられて・・・

      でも第一作目は大失敗
      叩き割ろうとするのを奥さんが止めるシーンが印象的でした

      それから研究に研究を重ねて認められ
      一時は千人以上の従業員を抱える会社に成長しますが
      時代の波にのまれて一度倒産

      嘆く家族に
      私は今まで二つの「ぼう」に支えれれてきた
      「辛抱」と「貧乏」だ
      もう一度最初からやり直せばいい

      そして見事に会社再建
      誰もが知る鈴木ヴァイオリンです

      朝ドラのヒロインのモデルになった広岡浅子さんも
      七転び八起き どころか 九転び十起き の人生
      と言っておられたそうだけれど・・・
      諦めないって大切かも・・・

      今年も立春をすぎ…
      慌てて今朝出しました。



      初節句に祖母に買って貰ったものです。
      七段飾りは出せませんが…


      京風の美男美女 と思っているのですが
      最近の雛人形はシュッとした顔が主流だそうですね

      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです