Enjoy Music! ラルゴな音楽生活 -- 2014年12月の記事一覧 --
      FC2ブログ
      2014 / 12
      ≪ 2014 / 11 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2015 / 01 ≫

      2014年もあと数時間で終わり
      皆様お世話になりました。

      多くの出会いがあった一年でした。
      やり残しも多々ありますが、来年こそは…
      毎年言っておりますが そう思うからいろんなことを続けられるのかな〜

      来年も宜しくお願いします

      「サンタさん来たよ」 と2年生のSくん
      3年越しの願いが叶い、3DS をもらったらしい

      「もうサンタさんが来たから悪い子でもいいもん!」 と言うので
      「悪い子になったら返しに行くよ。」

      そうしたら
      「せんせ~ サンタさんのおうち 知ってるの?」
      「知ってるよ~」
      「知ってるの~ すごいな~ どこ?」
      「フィンランド」

      という会話をして・・・・・
      Sクン 地球儀でフィンランドを探し
      「サンタさんはフィンランドから日本までプレゼントを配りに来るのかな~?」
      と首をかしげながら帰って行きました。

      喪中葉書が届きました
      今ごろ? と思ったら
      大阪音大の作曲科に進学した 生徒がお世話になった M先生が
      12月5日に亡くなったと・・・

      退職されてから
      「孫ができました」
      「いくジイ やっています」
      などという年賀状をいただきましたが、まだ70過ぎ
      まだまだ早いという気がします。

      在学中、生徒が進路で悩んだ時など とても親身になってくださいました。
      本当にお世話になりました
      心からご冥福をお祈りします。


      古くからの友人のピアノデュオコンサートを聞きに行きました
      今回は舞曲ばかり

      チャイコフスキー  「白鳥の湖」よりワルツ
                  「眠りの森の美女」 より アダージオパ・ダクシオン
                  「くるみ割り人形」
      プロコフィエフ   「ロメオとジュリエット」第2組曲より
                        少女ジュリエット
                        モンタギュー家とキャピュレット家
      コープランド   「ロデオ」 より ホー・ダウンとサタデーナイト・ワルツ
      ミヨー    スカラムーシュ
      サンサーンス  死の舞踏
      アンダーソン  カルメンファンタジー

      というプログラム
      2時間超え
      本当によく弾くよ~

      私も見習わなくっちゃ・・・

      「明日合唱祭やねん。 1時半から体育館でやるけどせんせ~来る?」 とHちゃん
      おいおい 「来てね」 って言えよ~

      というわけで 聞きに行ってきました

      P1020103 (300x400)


      ピアノを弾ける人がいなかったと一クラスはアカペラでした
      音程が狂ったりしていたところもあったけどよく頑張ったなぁ
      まだ一年生だからかもしれないけど、みんな真面目で一生懸命でした

      Hちゃんのクラスは・・・
      「みんな声を出さないから・・・・」
      と言っていましたが、男の子の高音がきれいにでていて よくハモっていたよ
      伴奏しっかり練習した甲斐があったね

      P1020101 (400x300)


      次は発表会頑張って

      豊中市と大阪音楽大学が提携して行われている講座を聞きに行ってきました
      人の声は大きく ソプラノ、メッゾソプラノ、アルト、テノール、バリトン、バス の6つに分類されますが
      今日の講師、小餅谷哲男先生は テノール歌手として活躍されています。

      ソプラノが コロラテュアやリリコ、ドラマティコなどと分類されるように
      テノールにも レッジェロ、リリコ・レジェッロ、リリコ、リリコ・スピッド、スピッド、ドラマティコ、などがあり・・・
      それらを説明しながら聞かせてくださり、なるほど~と思いました。

      そういえば20世紀の三大テノール ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パバロッティも
      個人的に好みがあり・・・・・
      パバロッティが一番好き
      残念ながら亡くなりましたが・・・・
      あと カレーラス、ドミンゴの順かな・・・

      もしかすると これも声の質かも・・・
      ただ 誰がどの声質かは あまりよくわからない
      残念ながら・・・

      大阪芸術大学の特別演奏会を聴きに フェスティバルホールまで行ってきました
      開演間近にしか行けなかったので、三階席に追いやられた??

      ビゼー カルメン組曲 第1番
      ラヴェル マ・メール・ロワ
      ビゼー アルルの女 第2組曲
      フォーレ レクイエム

      というプログラム
      ちょっとフルートが目立ちすぎ?
      指揮は大友直人さんでした

      毎回とはいかないまでも、ちょこちょこ聴きに行っているのですが
      コマツ一彦さんが亡くなってから ちょっと変わったかな…

      そして折り込みチラシの中で目を引いたのがこれ

      奈良魔笛 (291x400)


      モーツァルトの「魔笛」を 万葉風にしたものだそうで・・・
      猿沢ノ池不思議ノ横笛
      登場人物も
      ザラストロ→天照らすざくろの宮の大君
      夜の女王→月読女神
      パパゲーノ→鳥飼部の春花
      など・・・
      おもしろいかも
      モーツァルトはどう思うんでしょうか?

      今回のグループレッスンは・・・
      聴音と和音の転回がメイン

      今回わかった事実
      小さい子たちはリズムよりも音程が苦手で、大きい子たちはリズムが苦手

      P1020097 (400x300)


      和音の転回はみんな苦手
      調号から判断して主和音を弾いて展開させてみよう・・・
      大きい子たちはスケールも弾いてね

      P1020099 (400x300)

      和音の転回のために作ったグッズがこちら
      メラミンスポンジで作ったので みんな「気持ちいい~」 とグニュグニュ

      P1020100 (400x300)


      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです