Enjoy Music! ラルゴな音楽生活 -- 2014年07月の記事一覧 --
      FC2ブログ
      2014 / 07
      ≪ 2014 / 06 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2014 / 08 ≫

      フルート吹いてみようかな~
      ブラスジャンボリー塾 (291x400)

      符点と8分の6拍子が苦手なSちゃん
      こういう曲を弾くとだんだん符点が8文音符になってきます

      P1000944 (300x400)

      「でけへん~ 今日も泣く日や~」

      そして
      「これは絵もおかしい」と・・・・
      昆虫博士の彼女が言うには
      イチゴの花には蝶が好む蜜は無く、蝶は寄ってこないそうです。

      彼女の結論は・・・
      ヘンな曲

      Mちゃんの「からすの勝手でしょ!」以来
      教室で「からすの勝手」が流行っています。

      「からすの勝手でしょ!」と歌いながらお手玉をするAちゃんに
      「からすは山に~」だよと言うと
      「ええっ カラスは山にいてへんで~  その辺におるやん」

      まあ確かにそうかもしれませんが・・・・
      この機会におぼえてね


      七つの子
      からす なぜ鳴くの
      からすは山に
      可愛い七つの 子があるからよ
      可愛い 可愛いと からすは鳴くの
      可愛い 可愛いと 鳴くんだよ
      山の古巣へ 行って見てごらん
      丸い目をした いい子だよ

      遅ればせながら・・・・・
      昨日初めて“まえけん体操”なるものを知りました

      野球少年たちも真似てやっているということですが、
      ピアノを弾く準備体操にもいいかも・・・・

      ためしに今日やってみると
      なんだか肩が軽いような・・・・
      気のせい?



      先週かなりのショックを受けた「からすの勝手でしょ!」

      気になったのでいろんな子に聞いてみました
      “七つの子”と言ってもわからないかと思い
      「からすの歌知ってる?」 と聞いてみると・・・

      何人かは聞き忘れたのですが・・・
      ちゃんと歌えた子はわずかに2人 しかも二人とも男の子
      歌そのものを知らなかったのが3人
      その他の子たちはみんな
      「からすの勝手でしょ!」 でした

      悲し~

      バルトークが作曲した「ルーマニア民族舞曲」
      1.棒踊り
      2.飾り帯の踊り
      3.踏み踊り
      4.角笛の踊り
      5.ルーマニア風ポルカ
      6.速い踊り
      の6曲から成ります。
      ヴァイオリンとピアノで演奏されたり、オーケストラやブラスバンド用にも編曲されていますが
      原曲はピアノソロです
      これはその1曲目
      P1000943 (400x300)

      バルトークはいろんな民謡を題材に曲を書いていますが、
      各地を巡り、なんと2万曲もの民謡を集めていたらしい
      エジソンが発明した蓄音機を片手に各地を回り、民謡を歌ってもらって録音していたらしいが
      大変な苦労があったようだ
      当時まだ知られない蓄音機、田舎の人には自分の声が機械から聞こえてくるということが理解できず、魂を吸い取られると思われたり・・・・
      信頼を得るために 一緒に農作業をしたり、泊まるところがなく野宿をしたこともあったそう
      名曲が生まれる陰にはそんな苦労や努力があるんだな~

      この曲のもとになる民謡が採譜されたトランシルヴァニア地方は、現在はルーマニアだけれど、バルトークが生きていた時代はハンガリー領だった
      6曲とも短いけれど、それぞれに性格がはっきりしており○ちゃんなんか喜びそう

      ただ5曲目の3拍子3拍子2拍子・・・
      弾かせてみると面白いことになるかも・・・・

      6年生のMちゃんの曲の説明に「烏」という字が出てきた
      最初「とり」と読んだMちゃん
      「その字 とりじゃないよ~」 というと
      「本当や 一本足らん からすや~」
      おお知っていたか 

      「そういえばからすの歌があったよね」と歌いだしたMちゃん
      「か~ら~す~ なぜ鳴くの~ カラスの勝手でしょ」
       
      それ違うって・・・
      原曲も知っていてわざとそんな風に歌っているのかと思いきや・・・
      原曲は知らないと・・・
      次に来た同級生のNちゃんに聞いてみても
      「からすの勝手でしょ」
      やっぱり原曲は知らないそうで、楽譜  を見せて説明
      30年ほども前に問題にされた事例が未だに脈々と受け継がれているとは・・・・

      「せんせ~ なんでカラスっていう字は一本少ないか知ってる?」
      と今度は逆に質問されてしまった
      「理由なんてあるの?」

      彼女たちが言うには
      カラスは黒いので目がないように見える
      だから一本少ないんだとか・・・

      今日は七夕さま
      織姫と彦星は会えたかな?
      「ラインしたらいいやん」
      と言っていたのは誰だったかな?


      今年もみんなの  がい~っぱいの笹
      P1000920 (300x400)

      今年の爆笑は
      「19日に雨が降りますように」
      19日はお祭りなのに合宿で行けないらしい
      でも雨になるとお祭りが順延になるのでOKだとか・・・

      Sちゃんがステップ(検定)に初挑戦

      装飾音と左手がメロディーの曲のバランスに苦労しましたが頑張りました
      ホールの響きや楽器の関係もあったのかもしれないけれど
      本番はバランスがよくて・・・
      無事合格

      小学校の担任の先生も応援に来て下さりご機嫌のSちゃん
      P1000919 (400x300)
      次は終業式のコーラス伴奏頑張ってね

      アドバイザーの先生方のコメントには 良かった点とこれから注意するべき点が書かれており私も参考になることが多々ありました

      本番のステージに立つということはスポーツでいうと試合に出るようなもの
      スポーツ選手も 強いチームに所属していたって試合に出なければ勘も鈍る
      サッカーワールドカップも そんなことが原因で知名度の割に活躍できなかったなんて言われている選手もいるようだけど・・・・
      音楽もどんなに練習したって人前で演奏しないと意味ないのよね~
      みんな もっと尻込みせずにどんどん参加してほしい


      もうすぐ七夕なので
      「帰りに願い事書いて帰ってね」
      とみんなに声をかけています。
      3年生のHクン

      「しゅう団てきじえいけんがまたなくなりますように  あべしゅしょうへ」
      と書いて帰った!
      ビックリ

      「電話番号も書いといたほうがいいかな。 しゅしょうから☎かかってくるかもしれへんから・・・」
      「『阿部さんは子供がいないから あんな事を平気で決められる』っておばあちゃんが言ってたよ」

      もう一枚書く と言って書いて行った短冊には
      「あべしゅしょうに子どもができますように」
      と書いてありました


      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです