Enjoy Music! ラルゴな音楽生活 -- 2014年02月の記事一覧 --
      FC2ブログ
      2014 / 02
      ≪ 2014 / 01 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - 2014 / 03 ≫

      今度アニシモフの「ポエム」という曲をやります
      ホルンとピアノのための曲ですが・・・
      楽譜もなかなか手に入らないそうです

      このアニシモフという作曲家 知らない人だったので調べてみました。
      ボリス イゴールイワノビッチシコル アニシモフ という長~い名前
      楽譜には ボリス アニシモフと書いてありました。
       
      ソビエト~ロシアの作曲家で、1907年生まれ。1997年に亡くなりました。
      トロンボーン奏者で、指揮もし、レニングラード音楽院の先生でもあった。

      作曲家としては あまり数は書いていないのか、「ポエム」のほか4曲が挙げられていました。
      序曲-ファンタジア」巡洋艦「バリャグ」
      「ロシア組曲」
      パイプの無言歌
      月 «青少年旅行
      だそうです。
      知らない曲ばっかり・・・

      ショパンの様に殆どピアノソロの曲ばかり書いた人もいるけれど、逆にピアノソロの曲は1曲も書かなかった人もいるんですよね。
      いろんな楽器と合わせることで、いろんな作曲家と出会えるのも楽しい

      ところでこの「ポエム」という曲
      いい曲なんですよね~ すっごく気に入りました。
      ロシアの壮大な大地を思わせるような・・・
      私のような小さい手では 苦しい部分もあるのですが、音の並び方が合理的というか・・・
      なので意外と弾きやすいです
      これにホルンの音色が加わると・・・
      ワクワクします
      私の手でこの素敵な曲を傷つけることがないように、しっかりさらわないとね~

      インフルエンザが流行っているようです。
      学級閉鎖はあまり聞きませんが、休む子がちょこちょこいます。
      6年生のHちゃんはインフルエンザから復活して元気に来てくれました。
      でも 卒業遠足に行かなかったそうです。
      随分悔しがっていました
      本当にしんどかったのは1日だけだったのに~と

      Hちゃんからの情報によると、B型はA型より症状が軽いとか・・・
      本当?

      先月他教室から変わってきた1年生のYちゃん
      ちょっと人見知りするので慣れるまで時間がかかるかも・・・・
      とお母様はおっしゃっていたのですが、1か月もしないうちにすっかりお喋りになりました。
      Yちゃんのいいところは何にでも興味津々なところ
      樂語の話をすると「あっ英語の○○の字や~」
      「ドレミって何語? じゃあ日本語では? 英語では?」
      と矢継ぎ早の質問です。
      今日もAllegroからとんでもないところに話が飛んで・・・
      ええ~っと何の話をしてたんだっけ???
      子どもの好奇心っていいですね

      教本の最後の1曲を弾いているSちゃんに
      「次の本も持って帰る?」 と聞くと
      「イヤ 宿題増えるもん 持って帰ってもゴミ箱に捨てるもん!」

      おいおい

      「でもね~ ピアノの本ゴミ箱に捨てたりしたら ママに見つかって Sがゴミ箱に捨てられるわ~
      それでママは虐待で警察に逮捕されて3年の刑。」

      「・・・・・・」

      そんな物語?どこで仕入れて?くるの

      子どもたちが苦手なものの一つに、加線がつく音符の読みがあります。
      今日もSちゃんが四苦八苦
      しかも高いドの音から読むので時間がかかること・・・・
      「ソから読めば・・・  もしかして時間稼ぎしてる?」 と聞くと
      「これはね時間稼ぎじゃないよ! しんけんてき(真剣的?)にやってるよ」

      Sちゃん まじめな子だから、もっとできると思うんだけどな~
      もう少し慾がでてくれば・・・
      まあ気長に見守りますか・・・

      2年生のAちゃん カバンからチョコを出してきて
      「あのね~ これ今度Hクン(クラスメート)が来たら渡しておいてほしいの~ 学校で渡せないから」

      おおお~ もしかして
      「ちょっと作りすぎてん・・・」
      と言っていましたけどね・・・

      今日はバレンタインデー

      子どもたちから頂きました
      みんなありがとう
      “友チョコ”なんていうけれど、友達と思われているのかな・・・?
      でも全部チョコならぬクッキーだったよ

      P1000826 (400x300)

      アメリカのホテルで高校生1000人が国歌を大合唱
      吹き抜けが抜群の音響効果を・・・
      ある期間毎夜23時にこの大合唱が始まるらしい



      これが日本だったら・・・?
      曲が曲だからなぁ 

      今日は祝日
      ですが、2月はきっちり4週なので今日もレッスンしました
      最初から休むと連絡のあった子たちもいるのですが・・・
      Mちゃん
      「今日のピアノ、完全に忘れてた! 今日の分、埋め合わせしたいねんけどいつ空いてる?」
      とメール

      なにこれ もうちょっと何かないの?
      まず「ごめんなさい」でしょう   
      中学生にもなって・・・ 情けない!
      そういえば通知表にも「ため語に注意しましょう」と書かれたとか・・・
      「バカたれ~っ」とメールしておきました

      久しぶりに登場 高3のHクン
      レッスンの合間に相も変わらずチャラいことを言ってる・・・・

      「オリンピック始まったけど、考えたらあんたと羽生結弦クンって一つしか変わらないんだよねぇ~
      でも随分違うね~ あっちはしっかりしてるよ~」  と言うと
      「羽生って・・・・ フィギァの奴か・・・  でもまだ俺の方が一つ下やし、俺にはあと一年の猶予があるわけで・・・ それはこれから一年の俺の成長を見てからやな~・・・・・もしかしたら俺があいつを追い越すかもしれへんし・・・・」

      「それは期待してるわ~ ・・・・と言いたい所だけど『今のあんたを見ている限りそれはないっ』」
      「やっぱり~  実は俺もそう思う」

      って そう簡単に負けを認めるなよ~

      Hクン めでたく就職が決まり4月から社会人
      大丈夫かな・・・・

      恒例の春のコンサート
      今年は5月18日(日)PM2:00~ですが
      やっとゲストが決定しました

      池田重一氏(ホルン)
      大阪音楽大学、ドイツ・アーヘン音楽大学を卒業。
      元大阪フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者。
      現在は大阪音楽大学準教授、神戸女学院大学非常勤講師として後進の指導に当たっておられます

      モーツァルトの有名なホルン協奏曲をはじめ、聴きやすい魅力的な曲を選んでくださいました。
      今から楽しみです

      現代のベートーヴェンと言われる佐村河内守さんに影武者がいたことがわかった。
      18年前から佐村河内氏がイメージしたものを別人が音にし、楽譜に書いていたらしい。

      代表作と目される交響曲HIROSHIMA
      これも彼の手によるものではなかったけれど、その上もともとは違うコンセプトで書かれたものだったらしい。
      これには広島の人たちもショックだろうな~

      でも
      責任の一端は世の中にもあるような気がする。
      身体にハンディがあるとか、現役最年長とか、大変な苦労を経て現在の地位を勝ち取ったとか・・・・・・
      そんな付加価値?がつくと その人のCDが売れたりコンサートが満席になったりする。
      けれどそんな付加価値のある人は ほんの一握り。
      大多数の人は毎日コツコツ努力しても鳴かず飛ばず・・・
      もし二人の合作として発表していたら こんなにブレイクはしなかったかも・・・
      そのあたりの絡みもあったのかなぁ と残念に思う

      でも、なんでこのタイミングでの発表なんだろう?
      ソチオリンピックで彼の曲を使う高橋大輔氏
      この騒動で曲を変えるということはないらしいけれど、きっといい気持ちはしないだろうな~

      まさか 18世紀のベートーヴェンには影武者はいなかったでしょうね~

      当たっているような いないような・・・
      皆さんはどうですか


      「ソナチネ全然わからなかった~」と弾いてこなかったSちゃん
      ええ~っ この前説明したやん 最初がむずかしいよって・・・

      その後も四苦八苦していたSちゃん
      最後には笑いだして
      「先生 大変やな~」
      「誰のせいで大変なのかな?
      「わたし・・・」

      わかってるやん
      「今度はちゃんとやってくるから~ もしできてなかったら しばいてもいいよ」
      と言って帰って行きました。

      今度やってこなかったら本当にしばくよ~

      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです