Enjoy Music! ラルゴな音楽生活 -- 2013年11月の記事一覧 --
      FC2ブログ
      2013 / 11
      ≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

      2年生のAちゃんのレッスンに時々お兄ちゃんがついてきます。
      仲良しの兄妹で、お兄ちゃんはAちゃんにピアノを教えられて?何曲か弾けるようになったとか・・・・

      そんな二人ですが今年はサンタさんが来ないとのこと
      お兄ちゃんが言うには
      「僕は教室でボール遊びをしていてガラスを割ってしまったから・・・サンタさんに弁償してもらった。
      Aは・・・・」
      と言いかけたお兄ちゃんに
      「言ったらダメ~」
      としきりに言っていたAちゃんですが、最後にはバレてしまいました

      なんと~ 
      友達のランドセルに落書きをしてサンタさんに弁償してもらったと・・・
      ランドセルに落書きするという発想がなんともユニーク

      12月8日(日)10:00~15:00
      服部阪急商店街にちよう市場 第2弾

      音楽教室ラルゴは「手作り楽器」を行います

      P1000726 (400x300)

      上が 発泡スチロールのトレーで作った「お琴」
      下は ストローで作った「パンフルート」

      どちらも「ド~ラ」まで出るので ちょっとした曲が演奏できます
      「パンフルート」は少し練習が必要かもしれないけど、これで音が鳴らせたら本物のフルート が吹けるかも・・・

      参加は無料なのでみんな つくりに来てね

      そろそろ子供たちには楽しみな季節
      でも今のところ今年はあまり盛り上がっていない
      「あのね~ うちに来るサンタさんは お父さんの友達で 苗字がサンタで名前がクロスっていうんだけど、今年はボーナスじゃなくってお給料やねんて。だから今年のプレゼントはしょぼいらしいよ~」
      なんて言う子もいます。

      アベノミクス効果 なんてマスコミは言っているけれど まだまだ不景気
      子どもが夢を語れず めちゃくちゃ現実的になっている
      この負のスパイラル いつになったら抜け出せるのやら・・・・

      服部阪急商店街のイヴェント「にちよう市場」
      音楽教室ラルゴも「楽器体験」をやりました

      大屋根全開のピアノの他 ヴァイオリン、フルート、大正琴、
      おチビちゃん用にちょっとした打楽器(マラカスやカスタネット)を用意しました
      P1000720 (400x300)

      最初に来てくれた兄妹は「アンパンマン」大好き
      ピアノを弾いてもらって 「アンパンマン」の歌も歌いました

      P1000715 (400x300)

      フルートは なかなか音が出せませんが・・・
      一人だけ一回で立派な音を出した子がいてビックリ!
      胴部管、足部管もつけて「はいポーズ」

      P1000721 (400x300)

      お母さんに生意気な口をきいてたちびっ子もニコニコ笑顔

      P1000722 (300x400)


      子どもたちは鉄道模型も楽しんだようです

      P1000717 (400x300)

      毎年教室に飾るクリスマスツリー
      木製です

      P1000712 (300x400)

      定時より10分以上早く来たSちゃん
      ちょうどツリーを組み立てて、オーナメントをつけようかと思っていたところにやってきました
      「時間まで手伝う!」というので オーナメントをつけてもらいました。
      生真面目で几帳面なSちゃんらしい飾り方

      P1000714 (300x400)

      私は同じような飾りは あちこちに散らして飾るのですが、彼女は同じようなものを固めて飾っていました
      性格出るなぁ~

      日曜市場1 (291x400)
      日曜市場2 (291x400)

      明日11月24日 10:00~15:00 服部阪急商店街でイヴェント「にちよう市場」が行われます
      各店お買い得品を用意したり、鉄道模型を走らせたり・・・
      音楽教室もイヴェントの一環として 「楽器体験」を行います
      大屋根全開のグランドピアノを始めフルート、ヴァイオリン、大正琴etc いろんな楽器を体験してください

      今朝飾り付けたクリスマス用のディスプレー

      P1000710 (300x400)

      それが やんちゃ坊主のSクンが帰った後にはこうなっていた

      P1000708 (300x400)

      発表会後のお休みも終わりレッスン開始
      私も経験あるけれど、みんなすこ~しバーンアウト気味

      Rくん(5年生)
       「あのね~ あれだけ一生懸命やってた曲がなくなったもんでね~ な~んかボ~ッとしちゃってね~」
      Hちゃん(6年生)
       「今週 昔弾いた簡単な曲ばっかり弾いていて~ 『宿題全然やってないけどこんなんで行っていいんかな~』 って思ったけど、お母さんが『まあ弾いてたんやからいいんちゃう~』って・・・」
      Sちゃん(3年生)
       「『宿題わからなかった』って 言おうと思ったらちゃんと書いてあったやん くっそ~」


      みんな次からしっかりね

      とても癒されるはずの動画なのですが・・・
      こんなのを見ても
      「どんな角度で息を吹き込むと音が鳴るんだろう?」
      「音程の調整はどうするの? 微妙に動いている指が鍵?」
      なんて考えてしまって楽しめない

      これって音楽家の性?


      来月のイヴェント向けにストロー笛を試作してみた
      P1000707 (400x300)

      曲がるストローに切り込みを入れて折り曲げ・・・
      音が鳴る仕組みはフルートと同じ
      折り曲げる場所で音が変わるんだけれど、同じところで折り曲げても違う音が鳴った。
      何本も違う音程のものを並べたらパンフルートのようにできるんだけど
      音程の調整が大変そう

      映画「清州会議」を見ました
      率直な感想 ちょっともの足りなかったかな

      「本能寺の変」信長亡き後、織田家の頭首を誰にするか
      男たちは自分の立場がよくなるようにあの手この手の策略をめぐらし・・・
      一方 女たちも陰でいろんな根回しをする
      結局のところ 誰が一番したたかなのか?

      いろんな見方があるだろうけれど、私は武田信玄の娘清姫が一番したたかな気がした
      お市が柴田勝家との再婚を決意し、秀吉は勝家を討つことを誓う というところで映画は終わっていたけれど・・

      最終的に天下を治めたのは家康だったけれど、もし信長や秀吉が天下を取っていたら今の日本はどうなっていたんだろう?
      外交は今よりうまかったかな?
      でも秀吉なんかは朝鮮を手始めに諸外国に攻めていったんだろうな
      それでもし負けていたら、日本分裂なんてことも起こっていたかも・・・

      就職が決まってルンルンの高3のHくん
      Hクンの従妹のSちゃんが発表会で上手にひいたので
      「Sちゃん上手にひいたよ~」
      「うん それは俺が教えたからや~」
      「・・・・・」
          だったらなんで出ないんだ!教えた人! まあ結果的にはその日文化祭だったが・・・

      「ボーッとしてたら追い越されるかもよ~」
      「それはないやろ~  いやまだ当分大丈夫や~ 追い越されそうになったらやめるわ~」
      「・・・・・・」

      P1000706 (400x300)

      発表会が終わった!
      集合写真 
      おめめパッチリ 口元ニッコリ 背筋ピーン
      これが意外と難しい

      6年生のHクン 入ってくるなり
      「疲れた~ ああしんど~」
      若者が何を言ってるんだ~
      理由を聞くと
      学校でドッジボール(だったかな?)をやって負けたので罰ゲームをさせられた
      その罰ゲームがどうしようもなくキツかった  という話

      あまりにも「しんどい」を連発するので 思わず
      「あのね~ 罰ゲームをやらないといけないってことが そもそもドンくさくない?」
      と言ってしまった!

      「あのう~ 金槌か何かありませんか? 今の言葉 非常にむかついたので殴らせていただいてもいいですか?」
      こういう事を言うときは 言葉が丁寧なのよね~

      久しぶりに以前来ていたYちゃんに会った
      「せんせ~彼ができた」
      「イケメンやねん。ラブラブやねん」
      とおのろけ全開
      写真も見せてくれたが ちょっと意地悪な私
      「確かにイケメンだけど足が短いね~」

      そんな嫌味は耳に入らない様子のYちゃん
      「結婚するから~ 結婚式来てね」

      まだ高校生。本当にそんなことになるのかねぇ~
      そういえば1年生のS君も
      「○○ちゃんと××クン 結婚するねんて~」
      と言っていたっけ~

      ヴァイオリンの名器“ストラディヴァリウス”
      300年以上も前に作られたのに 未だそれを超える楽器が作れない
      現在では億を超す値段で取引される
      ストラディヴァリ自身は93歳まで生きて600丁ほどのヴァイオリンを作ったけれど、あとを継いだ息子たちが早くに亡くなり、彼の技術は継承されなかった。

      形や木の厚さ、その他もろもろ・・・・
      同じように作ってもそれを超える音が出ないらしい
      一体何が違うのか? 木か、ニスか・・・・・
      と長年研究が続けられている
      彼が制作をつづけたイタリア北部の「クレモナ」
      ヴァイオリンにもその地方の木が使われたそうだが、その辺りは一年のうち3か月ほどしか日が当たらず、気の成長が遅いらしい。
      だからその地方の木を使ってみたり・・・
      ニスの成分も今までにもさんざん研究され
      変わった物が混ぜられているのを見つけては、その成分を混ぜてみたり・・・
      それでもストラディバリには及ばない
      挙句の果てには「若い女性の血が混ぜられているのでは・・」なんていう憶測もとんだらしい

      それでも解明されないストラディバリウスの秘密
      最近ではCTを撮ったり科学面からの研究も進んでいるようだが・・・
      これほどの神秘 科学で明かされない方がいいような気もするなぁ

      以前 「木にも寿命がある300年を超えるとだんだんダメになってくる。だからストラディバリのようなオールドの楽器を無理して買っても 突然音が鳴らなくなることもある」
      なんて言う話を聞いたことがあるけれど
      未だにあの音色は健在
      ずっとずっと 神秘の楽器として 素晴らしい音を奏でてほしいなぁ






      9月に大阪市音楽団が梅田で演奏して話題になりました。
      北欧デンマークでは車内でのコンサートが話題になったそう
      お客さんも演奏者も笑顔
      赤ちゃんもニコニコ
      しかも演奏曲は 「朝」
      これは一日元気で過ごせるかも・・・・


      落葉松3

      小林秀雄作曲の有名な歌曲「落葉松」
      野上彰の詩は・・・

      落葉松の 秋の雨に 私の手が濡れる

      落葉松の 夜の雨に 私の心が濡れる

      落葉松の 陽のある雨に 私の思い出が濡れる

      落葉松の 小鳥の雨に 私の乾いた目が濡れる


      という いたってシンプルなもの
      実際には幾度か繰り返して歌われるので、かなり長い曲になるのですが・・・

      あまり深く考えなければ 「雨の落葉松林を歩いている」という感じ
      ところが
      「小鳥の雨」って一体なんだろう?
      と言う人がいて・・・

      ちょっと調べてみると
      一口に“松”といってもいろんな種類があるらしい。100種類ほどもあるとか
      その中で日本に生育する松は
      クロマツ アカマツ ゴヨウマツ チョウセンゴヨウ カラマツ エゾマツ アカエゾマツ トドマツ
      の8種類らしい
       赤塚不二夫の「おそまつくん」を思い出しそうな・・・

      赤松 などは常緑樹で縁起がいいとされるが、落葉松は落葉樹だそうな・・・
      そして 葉が落ちるとき「カサカサ~」という音をたて、それがなんとも風情があるらしい。

      もしかすると この歌に出てくる雨は 私が思っていた雨とは違うのかも・・・
      考えると奥が深くておもしろい

      松にそんなにたくさんの種類があることも知らなかった
      画像で見ると

      赤松は

      赤松1 (85x127)   赤松2 (125x94)

      一方 落葉松は

      落葉松1 (104x138)  落葉松2 (137x103)

      ちょっと違うかも

      教室の発表会が近づいてきた
      この時期になると、毎度毎度 胃が痛くなるけれど、今回はまた特別・・・
      「発表会は練習を見せるわけじゃないの。そんなの誰も聞きたくないよ!」
      と思わず言ってしまった

      「むかつく~」とNちゃん
      むかついてもかまわない。
      だからちゃんとやって~

      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです