Enjoy Music! ラルゴな音楽生活 -- 2013年07月の記事一覧 --
      FC2ブログ
      2013 / 07
      ≪ 2013 / 06 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2013 / 08 ≫

      6年生のHちゃん
      「発表会の連弾の曲 とりあえず最後まで弾いてきたよ」
      いつも譜読みはそんなに早くない
      やればできるやん!

      今やブラスバンド人口はかなりのものと聞いています。
      私も中高フルートをやりましたが・・・

      もうすぐ開幕する甲子園
      かつては開会式、閉会式、校歌の演奏までプロの吹奏楽団が請け負ったものでした
      かなりおいしい仕事だったのでは・・・・
      今では高校の吹奏楽団
      でもこんな高校生の演奏を聞けばそれも納得


      地球温暖化が言われて久しいですが・・・
      1880年からの気温を音で表すとこうなるらしい
      温度が上がればピッチ(音程)が上がるというルールで作曲された曲

      「百聞は一見にしかず」
      こちらをポチッとして聞いてみて
        ↓ 
        


      音の基本 A(ラ)=440HZ と言うことになっているけど
      最近では442が多い。
      我が家のピアノも442に合わせてもらっている
      445Hzを採用しているオーケストラもあると聞く
      実際 頑なに440Hzを守っている演奏を聞くと「暗~い」という感じがしました
      これも温暖化のせい??? 

      1年生のSクンに
      「発表会に何弾きたい?」
      といくつか候補曲を挙げると・・・
      「ソナチネ頑張ってみようかな~」


      おおお・・・
      一番むずかしいのを選びましたね~
      溌剌としたリズムが気に入ったかな
      頑張ってね!

      P1000459 (400x225)


      1年前に他教室から変わってきたSちゃん。
      初めてのコンクール挑戦でした。
      いろんなコンクールを考えたけれど、このコンクールの課題曲が一番気に入った様子。
      だったら一番気に入った曲を弾くのがいいだろうと参加を決めました。

      私自身このコンクールのことはよく知らなかったので、レヴェルもわからず・・・・
      指の強さが気がかりでもあり、参加すると決めたときは多分本選には行けないだろうな と思っていましたが、
      いつも弾いているより難しい曲を頑張って仕上げました。
      なかなかいい感じでまとまってきたので、この分ならひょっとして本選まで行けるかも と思いましたが
      結果は 残念! でした
      個々の参加者に封筒で手渡しだったので、何人くらい通過しているのかわからなかった 貼りだしてほしい!
      でも 本当によく頑張ったし、上手になったよ~
      これからも頑張ってね!

      でも みんな テンポが速いこと~
      楽譜に指定してあるテンポより ほとんどの子が速かった。
      早く弾くことだけがいいこととも思えないけどなぁ

      昨日レッスンに来たSちゃんは
      「普通に見えるかもしれないけれど めちゃくちゃ緊張している」 と
      帰りはお母様の車で一緒に帰ったけれど Sちゃん爆睡状態
      本当に緊張してたんだね~
      お疲れさん

      今日は声楽の生徒さんYさんが体調不良でお休みでした
      夏風邪かな?
      このところ流行っているようです 気をつけよ
      皆さんも気を付けて・・・・

      時間厳守が自慢の高3のHくん
      あれ~ 今日休むって言ってたっけ?
      と思ったら6分遅れてやってきました

      「珍しいね」 といったら
      「ゴメン 道に迷った
            ※慣れた道の何処で迷うねん

      「病気かな 若年性アルツハイマーかも・・・」だって
      「困ったなぁ ノーベル賞はどうなるの?」  と聞くと
      「あきらめた」


      まったく~
      でかいことを言う割に 簡単にあきらめる・・・

      日本では子どもが国歌を演奏ということは少ないですが、外国では?
       
      これはアメリカでの映像 
      保護者も起立、厳かな雰囲気の中 シンバルを落としてしまった男の子が・・・
      失敗をごまかす?ためにこうするのか~
      隣の女の子笑いすぎ


      今も昔も小学校1年で ひらがなを習いますが
      1年生のチェックは厳しい~
      「いそがないで」 と書いたら
      “そ”の上はきっちりつなげないといけない
      “が”のテンテン(濁点)が離れすぎ
      “で”の曲線?はきれいに!三角に見える それに曲がりすぎ

      などと 突っ込まれます
      中には四角のマスを書いて説明する子までいます。
      真ん中の線を超えてはいけない といった具合です。
      あわてて書くとどうしても突っ込まれるので、1年生限定で丁寧に書くことにしました。
      その方がずっと時間が短縮できます。

      でもでも・・・・
      たいてい2年生になると突っ込みはなくなり
      それから2,3年経つと中には「読める字を書いて~」と言いたくなるくらい乱雑な字を書くようになる子もいるのよね・・・
      何事も“初心忘れるべからず?”

      「あ~手つかれたぁ」
      と腕をぶらぶらさせたHくん
      ふと見ると 手相がいわゆるマスかけ線?
      横一文字につながっていました
      これって強運らしい。徳川家康もそうだったとか・・・
      過去に一人だけ見たことがある

      「すごいね~ これって強運なんだよ。徳川家康もそうだったんだって」
      と言うと
      「ボク家康って嫌いや~」
      わかったようなこと言って・・・ と思い
      「誰が好き?」と聞くと
      「おだゆうじ!」
      ???????

      「せんせ~ トルコマーチ(ベートーヴェン)全部弾いてきたよ」と1年生のSくん
      1回で最後までは弾いてこないかな と思っていた。 頑張ったね
      最後の方に明らかに自分で書いたとわかる可愛い字で“はねない”と書いてありました。
      じぇじぇ~
      最後の方は全部スタッカートがついているやん
      「この点はスタッカートといって“はねる”ことだよ」と言うと
      「わかってるけど、ボクが弾くとはねへんねん」
      なるほど~
      “はねない”ではなく“はねられない” か・・・
      Sクン先手必勝できたな

      京芸4回生 (364x500)

      京都芸大4回生の学内リサイタルに行ってきました。
      西京区に移転してから(何十年前の話や?)行ったことがなかったのですが
      想像以上に遠かった キャンパスに入るまでに坂もあった
      京都のバスは住んでいる人でもややこしいそうで、間違って反対方向に行ってしまいました。
      おかげで一人聞きそびれた

      一人1時間のリサイタルプログラムで、みんな古典から近代まで幅広いプログラムを組んでいました。
      しかも準備を始めたのが4月とか・・・
      まだまだ未完成という部分もありましたが、僅かな準備期間でやっぱりさすがだな~という印象を受けました。
      ただ、準備期間が短かったせいか、個々の得手不得手がよくわかった
      もう少し時間があれば、まんべんなく仕上げてくるんでしょうね

      ピアノは大きくて持ち運びはできないから当然会場に設置されたものを使うのですが・・・
      ジョイントコンサートでいつも思うのは、「弾く人によってこれだけ違うか~」ということ
      楽器が違えば音質、音色など違って当たり前だけど、同じピアノが弾く人によって全然違う音を出す!
      音質はその楽器特有のものがあるかもしれませんが、音色は完全に弾く人ですね。
      そして やっぱり音色って大切だなと思った
      聞く人によって好みは様々だろうけれど、今一つ気に入らない音を1時間聞いているとちょっと・・・

      久しぶりに聞いた若い人の演奏 やっぱり生き生きしてるなぁ
      私たちにはもうとりかえせないものだ~
      歳とともにいやでも失われていくもの、でもその代りに歳を重ねて身に着けていくもの
      上手に歳をとりたいな
      今日はみんなから元気をもらったよ

      「若いころは暴走もするけれど勢いがあってそれはそれでいい。 歳を取ると若い頃のような機敏さはなくなるけれど、今まで生きてきたすべてのものが音楽に現れる。 人が変わっていくのと同じように音楽も変わっていくのは当然だし・・・ 大切なことは各々がどれだけ自身を音楽に捧げているかということです」
      という師匠の言葉が 改めて思い出された

      e784a1e9a18c.jpg

      連日の暑さでバテているのでしょうか
      この絵を見ているとグルグル回っているように思うのですが・・・・
      実際はそうではなく回っていると思うのは目の錯覚だそうです

      この絵を猫に見せるとタックルしてきたということで・・・
      猫にも目の錯覚は起こるらしい
      犬に見せるとどうなるのかな?

      ちなみに夏バテに効く飲み物
      甘酒と牛乳だそうです
      甘酒には生姜を入れたり、レモンや牛乳を入れるのもgoodとか
      ためしてみよっと

      2年生のHクン  ピアノを初めてちょうど半年経ちました。
      おとなしい子だな~と思っていたのですが、
      「そのうちきっと化けの皮が剥がれますよ」とのおばあ様の言葉通り
      最近では腕白ぶりを発揮してくれます。
      いろいろ質問やお話もしてくれます。

      ピアノ大好き、興味深々のHクン 家でもいろんな曲を聞いたりためし弾きしたりしているようです。
      「せんせ~ アラベスク(ブルグミュラー)弾ける?」
      「弾けるよ~」  と言ったら
      「すごいなぁ~」  *別にすごくないけど・・・・

      今日はまた新しい知識を披露してくれました
      「せんせ~ 運命弾ける?  新世界は?」
        タン ターン タン タン ターンタ ターン ターン タン タタ ターン
       と歌っておりました。新世界
      またエライ曲仕入れてきたなぁ
      でも弾けるかといわれると う~ん  シンフォニーだし・・・

      今日のHクンのレッスンは 私の都合で振り替えてもらったのですが
      そのあといつも来る1年生のsクン
      ちょっと早めに来てチラチラと中の様子をうかがっていましたが、
      入ってくるなり開口一番
      「あの子 いくつ?」

      ちびっ子なりにライバル意識持っているな~
      ある程度のライバル意識は上達のために必要だよ
      でもいやらしくならない程度に、自分を見失わない程度にね

      一時話題になった「絶対音感」
      音には周波数がありますが全世界共通でAの音(楽器で言うとラ)が440kHzと決められています
      最近では少し高めになる傾向がありますが・・・(442~444くらい)

      絶対音感とは・・・
      何気なくポンと出された音を ド、レ、ミで言い当てられると「絶対音感がある」と言われるようです。
      ただ、絶対音感があるから音楽の才能があるとか、楽器をうまく演奏できるかというと、一概には言えないようです。
      ただ指揮者には必要不可欠とか・・・
      そして耳が聞こえなくなた時・・・
      ベートーヴェンや今をときめく佐村河内守さんは、絶対音感があるから 耳が聞こえなくても作曲ができた(できる)わけです。

      ちなみに私は
      楽器で出された音ならば ♯や♭がついていても言い当てられます。
      しかし 中には・・・
      風の音や、都会の雑踏まで楽譜にしてしまう輩がいるのです。
      そんな人にとっては
      風の音はハ長調の音楽を奏でていて、雨の音はヘ長調  なんてことがわかるみたいです。
      ハ長調とヘ長調なら ある程度ハモってくれるからまあいいかもしれないけど
      ハ長調と嬰ハ短調だったら気持ち悪いだろうな~
      「気の毒~  そこまでいくと日常生活しにくいよ~」
      な~んて やっかみも含めて思ってしまいます。

      「絶対音感ある?」 って聞かれると
      「絶対音感?  だいたい音感ならあるかな?」
      なんて答えている私ですが・・・
      楽器と生活音がコラボしたこんな映像はいかが?




      3年生のAちゃん  宿題の曲を弾くとき・・・
      ちょっと自信がなかったりすると私の方をチラ見
        間違っても叱らないからとりあえず自分の思う通りに弾いてよ~

      そしてレッスン後半にさしかかると・・・
      集中力がなくなる
      「今、何考えてた?」
      「帰ったら宿題しないと~」
      っていう感じ


      今日もだんだん姿勢が悪くなって、基本のポジションで弾けばいいところを指を広げたり縮めたり・・・
      楽譜に「クニャクニャしない!」  と書いたら
      「いやだ~」 と消していました
      なので「動かないで」と書き直しました

      学校でもクニャクニャはよく注意されるらしい
      「今何を考えてるの? ちゃんと聞いてる?」
      もよく言われるらしい・・・

      例年より早く梅雨が明け夏本番
      今日も関西は暑かった(今も暑い
      沖縄より暑いとか・・・

      暑いときには鳥肌が立つようなお化け屋敷 が流行りましたが、こんな映像はいかが?


      中3のMちゃん
      「夏休みまでは来るけれど、2学期から受験休み取るね。夏休みも塾の夏期講習とかあるけれど、まだ大丈夫だと思うから・・・」

      寂しくなるけど受験頑張ってね!
      志望校に合格して帰ってくるのを待ってるよ

      ところで高3の二人はどうするんだろう?

      P1000437 (375x500)

      明日は七夕さま
      ということで今週はみんなに願い事を書いてもらいました
      今年もいろんな願い事が・・・・

      【まじめ編】
      勉強して頭をよくする

         頑張ってね!

      二学期のテストで今回成績の良かった奴等全員蹴落とす!
         きれいな字で誤字なく書いていました。今回のテストの結果は不本意だったらしい

      西大和学園中学に合格しますように

         「灘中に行け」と言ったんだけど「無理やし~ 行きたいとも思えへんし~」だそうです

      コンクールの予選に受かりますように
         期待してるよ!

      ピアノがもっともっとうまくなりますように 
         よしよし

      むずかしい曲がひけるようになりたい 
         ただしゲームの曲限定らしい

      ぴあのおまちがえないでひけますように
         1年生「お」と「を」の使い方がまだわからないと・・・

      運動会で1等になる 底道みせるぞ!
         「底道?」「底力」の間違いでは・・・ ちなみに去年はビリだったらしい

      A級が合格しますように
         水泳らしい

      平穏無事に過ごせますように
         ちょっと年よりじみてる?

      【かわいい編】
      おうちがゲームでいっぱいになりますように
         なかなか買ってもらえないのかな?

      MとAがいつまでもなかよくいられますように
         ず~っと仲良くしてね

      川で貝がらを10個拾いたい
         毎年帰省するけど去年は2,3個しか拾えなかったらしい

      よどがわキリストきょうびょういんのかんごしさんになれますように
         お母さんは淀川キリスト教病院の看護師さん

      きゅう食が早く食べられますように
         食べるの遅いらしい。でも「早く」だと3時間目が終わった後に食べたいみたいだよ

      学校の宿題がへりますように
         中高生から「小学生の宿題なんて大したことないやろ」という意見が・・・

      【爆笑編】
      やせたい 足もお中も
       
         小学生が気にするな~ 「お中」にも爆笑 まだ漢字習ってないかな

      金がほしい
         露骨すぎる!


      願い事いっぱいで お星さま 窒息しないかな

      私は「痩せたい!」と書いたのですが
      中1のMちゃん
      「せんせ~ お腹もへっこまさな~ まあ叶えへんやろな~」 だと・・・

      これってハンドベルなんかと同じ原理?


      ヴァイオリンコースを開講します


      4歳から成人まで

          ヴァイオリンを弾いてみたい未経験の方
          アマチュア オーケストラなどに入っておられる方
          音大進学希望の方

            お気軽にお問い合わせください
          フルサイズ(4/4)の楽器は貸し出し可能です(有料)

      指導  志水 葵 (京都市立芸術大学卒業)


      レッスンは ワンレッスン制
        30分 2500円
        45分 3000円
        60分 4000円

      音符をポチっとしてね
        ↓↓
       ">

      中1のMちゃん
      ピアノを始めたのはちょっと遅めで5年生の終わりごろ
      「中学生になったら吹奏楽部に入りたいから 楽譜も読めるようになっておきたいし~
      嵐の曲も弾けるようになりたいし~」


      でも中学生になって入ったクラブはバレー部
      最近ヘトヘトになってやってきます

      「もういいよ~ 簡単な曲で。 ムズイのはしんどい
      と言うようになっていましたが、
      今日渡した サティの「ワルツ・バレエ」 は気に入った様子

      「できそう やるやる
      みんな気に入った曲だと頑張れるんだよね~
      嵐の曲は自分でやってね


      ちなみにMちゃんは 桜井君のファンだそうな。
      「いいねぇ~」 の “家族ゲーム” は見ていなかったらしい
      「見たら翔君のこと嫌いになりそうで・・・・」
      だそうです

      佐村河内 守(さむらごうち まもる)さんという作曲家が脚光を浴びている
      現在49歳、30代半ばで完全に聴力を失い、絶対音感だけを頼りに作曲されているらしい。
      作曲も独学で学ばれ音大は出ておられないとか・・・

      広島出身でご両親とも被爆されたらしく、彼の代表作は
      交響曲第1番「HIROSHIMA」

      これは3楽章の初めのところ



      作風はベートーヴェンというよりマーラー?
      ショスタコーヴィッチに通じるところもあるような・・・
      あまり交響曲詳しくないけど・・・

      最後の方はちょっとベートーヴェンぽい?



      でも結局は ご本人自身、個性なんでしょうね
      境遇が似ているから「現代のベートーヴェン」なんて言われるだけで・・・

      5年生のR君 「ドラクエの曲が弾きたい!」
      ちょうど曲集が一冊終わったところ。
      本当はバッハをやってもらいたいんだけれど・・・
      まあいいか。あの手の曲も結構リズムとかむずかしいし~

      今日ドラクエの曲集を渡すと・・・
      喋る、喋る ゲームの話・・・
      こっちは理解不能

      「ねえ ピアノいつ弾くの?」
      と言ったら 仕方なく?
      「今でしょう~」
      と弾いていました。

      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです