深イイ話 -- Enjoy Music! ラルゴな音楽生活
      FC2ブログ
      2019 / 04
      ≪ 2019 / 03 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2019 / 05 ≫


      「夢をかなえる為には漠然とでなく、具体的な成功イメージを持つことが大切」といいますが、
      それにしてもこれはすごい!
      多分小学生。すごすぎる!


      268237_271915172954519_2051799430_n.jpg

      先日 国民栄誉賞を受賞された長嶋さん
      とってもユニークな人だそうです
      アメリカに行って
      「こっちの子はみんな英語がうまいな~ それと外車ばっかりやな~」
      と言ったとか、
      「ご職業は?」 ときかれて
      「長嶋茂雄です」 と答えたとか・・・
      ちなみに 「お名前は?」 と聞かれると
      「長嶋しげるです」 と答えていたとかいないとか・・・

      そんな長嶋さんのありがた~いお言葉
      一流の人が言うことってやっぱり含蓄あるなぁ

      「フェアープレーこそ競争だ」  1969年5月10日  
           永遠のライバルだった王選手と打率などの成績で競争するのではなく、フェアーなプレーで負けたのならそれはかまわない

      「格好よさだけ見せればよい」  1972年10月12日
           お客様にはいいものだけをお見せする。暗い部分は絶対に見せてはいけない。これがプロの姿勢です。

      「巨人軍は永遠に不滅です」   1974年10月14日
           あまりにも有名な言葉ですが、この後巨人軍は低迷し、次の名言が生まれる

      「調子が悪い時こそ大胆に」     
           監督になって連敗したチームに克お入れるために言った言葉

      「メイクドラマ」        1995年
           これも低迷したチームに克を入れた言葉

      「野球は人生そのもの」     2001年9月30日
           監督引退時の言葉


      そして国民栄誉賞が決まった時のコメントが 
      「とても感動している」

      友達のFBから引用させてもらいました。
      悪いことは悪いとはっきり言える人になりたいですね。


      10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。
      知能レベルは年齢平均のため、尚更何かと辛い思いをしてきている。

      本日、通院日でバスに乗ったとき、いつも通り車いすの席を運転手が声かけして空けてくれたんだが、どうやらそれで立たされた人がムカついたらしく、ひどい言葉の暴力を喰らった。

      ・ぶくぶく醜い
      ・何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの
      ・補助金で贅沢してるくせに
      ・役に立たないのになんで生かしておくかなあ?

      それもこちらに言ってくるのではなく、雑談のように数人でこそこそ。
      それがまだ小さい子連れの母親のグループだった。

      息子が気付いて「お母さん降りようか?」と言ってくれたんだが、実は耳が聞こえにくいため、声が大きく発音が不明瞭な息子に今度は普通の声で「きも!」と言われたよ。
      あまりのことに切れて「何か息子の件でご迷惑でも?」と言ったら、笑いながら「何か?だってwwうけるwww」と嘲笑された。

      さらに「うちは娘だから、あんなのに目付けられたくない」「アタマがないからレ●プされても泣き寝入りだもんね~」とも言われた。
      さすがにもう降りようとしたら、運転手さんがバス停に止まって「えー、奥さん、ここで降りてください」と言われる始末。

      『あーもーいいや、苦情だけ入れて二度とこの路線使うもんか』と思いながら車いすを外そうとしたら「あ、お母さんじゃなくて」と私を見て運転手さんが続けた。
      「後ろの奥さん方、あなた方が乗ってること自体が他のお客さんに迷惑ですので、こちらで降りてください」

      私ポカーン、息子もポカーン、指された子連れママたちもポカーン。

      そしたら後部から「さっさと降りろ!うざいんだよ!」「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」「ほらさっさと行きなさい!」との声が聞こえてきた。
      さらに降りるときに運転手さんに「クレーム入れてやる!おぼえとけ!」と言ったら「はいどうぞ。乗車賃いりませんからさっさと降りてください」と言われてた。
      その人たちが降りてからお礼を言ったら「迷惑行為排除は私たちの仕事ですから気にしないでください」と言われてしまい、もう私涙目。
      冷たい視線ばかりと思ってたのに、世の中捨てたもんじゃないと思った。

      高校の同級生のフェイスブックの記事です。


       Hello, John & Miyuki, did you know this topic?
      I don't know about Joshua Bell, but do you know him?
      I think this tragedy was made by Men in gray (in MOMO).


      ある寒い1月の朝、一人の男がワシントンD.C.の駅で座りながらバイオリンを弾き始めました。 
      彼はバッハの曲を1時間程演奏しました
      その時間帯は通勤ラッシュだったため、約1100人がその男の前を通りました。

      3分後、ある中年の男はバイオリンを弾いている人がいると気づき、足を止めました
      しかし、結局止まったのはほんの僅かな時間で、数秒後にはその場を離れました

      1分後、バイオリニストはやっとお金を稼ぐことができました。
      ある女性がケースに1ドル札を投げ入れましたが、彼女は止まることなく歩き続けました。

      少しした後、壁に寄りかかって彼の音楽を聴く者が現れましたが、腕時計を見るとすぐに歩き始めました。
      会社に遅刻しそうだったのです

      一番彼の音楽が気になったのは、3歳の男の子でした。
      彼のお母さんは急いでいて、男の子の腕を強く引っ張りました。
      それでも男の子はバイオリンを聞こうと足を止めます。
      お母さんは男の子の背中を強く押し、無理やり歩かせました
      それでも男の子はずっと後ろのバイオリニストを見ながら去って行きました。
      他の子供も同様でしたが、親は全員例外なく止まることなくその場を去りました。

      彼が演奏した一時間内で、足を止めて彼のバイオリンを聞いたのはたった6人でした。
      お金を入れてくれたのは20人程でしたが、止まった人は誰もいませんでした。
      稼いだお金はたったの32ドル。
      彼が演奏をやめ、駅が沈黙に包まれた時、気付いた人は誰一人いません。
      拍手はなく、このバイオリニストを認める人はいなかったのです

      バイオリニストの名前はジョシュア・ベル。
      彼は世界で最も才能のあるミュージシャンの一人です。
      彼はたった今、歴史に残る傑作を演奏したのです。
      それも3億円のバイオリンを使って。

      彼の駅での演奏の二日前、彼のボストンでのコンサートのチケットは、
      一枚一万円するものの全て売り切れました
      これは実際にあった話です
      ジョシュア・ベルが素性を明かさず行ったこの演奏は、
      人々の視覚・嗜好・優先順位を研究するための実験としてワシントン・ポスト紙によって行われました。

      私たちは本当に「美しさ」を理解しているのだろうか?
      それをちゃんと足を止めて味わっているのだろうか?
      予想していない状況でも、才能を感じ取ることはできるのだろうか?

      一つ結論として言えるのは、

      もし私達は世界で最も才能のあるミュージシャンが、
      歴史上一番の傑作を演奏してさえ気付かないのであれば、
      私達は他にもきっと多くの「美しいもの」を見過ごしているのではないか?


      もしあなたも足を止めてこの記事を読んでいただけたのなら、是非シェアしてください。
      59892_10200422383787211_1701360221_n (403x261)

      ▼read more

      Mie Fujii

      Author:Mie Fujii
      大阪豊中市にて音楽教室主宰
      山羊座 A型
      ピアノ教師として奮闘しつつ
      演奏活動も行っています
      年齢はTop Secret ですが…
      生徒に尋ねられると
      29歳もしくは100歳と
      答えることにしています

      このブログはリンクフリーです